FC2ブログ
もし君が僕を信じて魔法の絨毯に乗ってくれたなら、新しい世界を見せてあげよう

映画鑑賞「アバター」

何もわかってない素人がレビューしてます。
あくまでも個人的意見なので、お許し下さいm(__)m


<情報>
2009年 / アメリカ/監督:ジェームズ・キャメロン/出演:サム・ワーシントン, ゾーイ・サルダナ, シガーニー・ウィーバー, スティーヴン・ラング/脚本:ジェームズ・キャメロン/アワード: アカデミー賞 ゴールデン・グローブ賞


<物語>
 22世紀。人類は地球から遠く離れた宇宙にまで進出していた。そこで豊かな大自然と未知の動植物が生息する衛星パンドラに出会い、“アバター・プロジェクト”を開始する。青い肌と人間よりも大きな体を持ち、原始的な生活を送る先住民族“ナヴィ”が暮らすこの星の大地には、莫大な利益をもたらす鉱物が眠っていた。だが、大気は人間にとって有毒な性質。鉱物採掘を実現するには大気の問題をクリアしなければならない。これを解決するために、ナヴィと人間のDNAを組み合わせた肉体“アバター”を生み出し、自由に活動できるようにすること。それがプロジェクトの目的だった。戦闘による負傷で下半身が麻痺、車椅子の生活を送っていた元兵士のジェイク(サム・ワーシントン)は、体の自由を取り戻すために計画に参加、“アバター”を手に入れる。だが、パンドラの地に降り立ち、ナヴィと触れ合ううちに、族長の娘ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)と恋に落ちる。次第にパンドラの生命を脅かす任務に疑問を抱くようになったジェイクは、やがてこの星の運命を決する選択を強いられていくのだった……。



<個人的評価>
 開いた口が塞がらない。すごい、すごすぎる。。。
 映像を製作する者として、すごく勉強になる作品。そしてまた、未来の作品。
 世界観も、映像美も、音楽も素晴らしいし、実際に4D作品として見れなかったのが残念です。
 FF10のような世界観が一部にあったりして、それもまた良かった。
 アバターが最初は気持ち悪かったけど、最後は美人に見えた・・・
 映像マジックだと思って見直したら、やっぱり最初は顔が歪んでて、最後は美人なCGだった(>_<)
 やっぱそうだよねえ。。。



 <個人的得点>
 総得点:83.4点

 STORY: 9.5
 映像構成: 9.3
 CG・VFX: 9.7
 音楽・曲: 9.5
 衣装関連: 8.4
 小道具:  8.0
 アクション: 8.0
 演技・台詞:6.2
 新世界感: 7.8
 オススメ度:7.2

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Blu-ray ブルーレイ】アバターサム・ワーシントン [FXXJC-39603]
価格:1026円(税込、送料別) (2017/5/14時点)


コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tatsu

Author:tatsu

君が知ってる世界=君の常識。
でも、君の知らない世界は無限にある。
パラレルタイムストレンジャーとして、僕は何を残せるのかな…

<↓公式HPあります↓>

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR