FC2ブログ
もし君が僕を信じて魔法の絨毯に乗ってくれたなら、新しい世界を見せてあげよう

映画鑑賞「バイオハザード2」

何もわかってない素人がレビューしてます。
あくまでも個人的意見なので、お許し下さいm(__)m


<情報>
2004年 / アメリカ/カナダ/イギリス / 監督:アレクサンダー・ウィット / 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ シエンナ・ギロリー エリック・メビウス ジャレッド・ハリス オーディド・フェール トーマス・クレッチマン サンドリーヌ・ホルト マイク・エップス ザック・ウォード ソフィー・ヴァヴァスール ラズ・アドティ イアン・グレン / 脚本:ポール・W・S・アンダーソン / 製作総指揮:ベルント・アイヒンガー サミュエル・ハディダ ヴィクター・ハディダ ダニエル・クレツキー ロバート・クルツァー / シリーズ: バイオハザードシリーズ


<物語>
 ラクーンシティの地下深くに隠された巨大企業アンブレラ社の巨大研究所から“T-ウィルス”が漏洩され、感染し死亡した研究員は生ける屍“アンデッド”となった。
 あれから36時間、街は感染しつくしていた…。
 今やアンデッドの街と化したラクーンシティで、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、数少ない生存者と行動を共にしていた。
 そこへ、1本の電話が入る。
 全ての元凶“T-ウィルス”を発明した、アシュフォード博士からだ。
 彼は、アンブレラ社が“事実”を隠蔽するために街に核爆弾を投下すると告げた。
 残されたのは、たった4時間。
 悪夢を生きぬいたアリスを、更なる試練が待っていた。
 博士は、街からの脱出方法を教えるという。
 しかし、アリスたちの行く手をアンブレラ社が放ったバイオ兵器・暗殺者“ネメシス”が阻もうとしていた……。



<個人的評価>
 う~ん・・・前作と監督が違うんですね。。。
 曲のセンスはすごく良かったのですが、いかんせんアクションシーンが「近距離撮影ごまかし」の連続で何やってるのかがさっぱり・・・
 映像も前作と比べて20分も短くなってて、だったらもう2つ3つのエピソードを織り交ぜれたんじゃないかと。
 あっさり終わってしまって短かったし、何て言うか、続編への長い予告編みたいな感じでした。

 大量ゾンビとかは良かったけど、前作と比べて「サバイバル感」が無い。
 そして相変わらずのクリーチャーの変なCG。
 ここまで来ると意図的なんだろうケド、やっぱりミスマッチ。
 ゲームの方がよりリアリティがあって怖い。


 <個人的得点>
 総得点:73.7点

 STORY: 8.0
 映像構成: 7.1
 CG・VFX: 6.5
 音楽・曲: 8.8
 衣装関連: 8.1
 小道具:  7.6
 アクション: 5.7
 演技・台詞:7.6
 新世界感: 7.0
 オススメ度:7.3

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tatsu

Author:tatsu

君が知ってる世界=君の常識。
でも、君の知らない世界は無限にある。
パラレルタイムストレンジャーとして、僕は何を残せるのかな…

<↓公式HPあります↓>

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR