もし君が僕を信じて魔法の絨毯に乗ってくれたなら、新しい世界を見せてあげよう

映画鑑賞「逆転裁判」

何もわかってない素人がレビューしてます。
あくまでも個人的意見なので、お許し下さいm(__)m

<情報>
 2011年 / 日本 / 監督:三池崇史 / 出演:成宮寛貴 斎藤工 桐谷美玲 中尾明慶 大東駿介 柄本明 檀れい 谷村美月 篠井英介 鮎川誠 余貴美子 石橋凌 小日向文世 / 脚本:飯田武 大口幸子 / 原作:カプコン/ 主題歌: 2012Spark(PANORAMA ver.) - ポルノグラフィティ

<物語>
 新米弁護士・成歩堂龍一の上司・綾里千尋が、長年追いかけていた事件に関する証拠を見つけたというメッセージを残し、何者かに殺害された。
 逮捕されたのは千尋の妹・綾里真宵。
 成歩堂は彼女の無実を信じ、弁護を引き受ける。
 対するは、成歩堂の幼なじみである、冷徹な天才検事・御剣怜侍。
 二人は多くの証言、証拠をもとに激しい法廷バトルを繰り広げる。
 その裁判の後、御剣が殺人容疑で逮捕との知らせが。
 成歩堂は自ら御剣の弁護を名乗り出る。
 御剣を起訴したのは彼の師匠であり、40年間無敗を誇る伝説の検事・狩魔豪。
 審理を重ねるうちに、15年前、御剣の父・御剣信弁護士が裁判所の証拠品倉庫で射殺された「DL6号事件」という事件が深く関係していることが浮き彫りになっていく…。


<評価>
 人気ゲームシリーズの実写化。
 ゲームは僕も好きで、全てのストーリーを遊びました。
 その上で、「主人公の成歩堂はそこまでかっこ悪くない」と言いたい。
 ゲーム版の成歩堂はおっちょこちょいの所もあるが、決めるところはたたみ込むように決める。
 実写版の本編ではダメ人間な部分ばかりが目だち、成歩堂本来の良さが出ていない。
 脚本や演者と言うより、監督の意図なのだと思うが、正直そこが自分には違和感でしかなかった。
 脚本もゲームに比べると浅く、もっと謎が謎を呼ぶ本来の持ち味が足りなかった。残念。


 <個人的得点>
 総得点:68.8点

 STORY: 6.9
 映像構成: 7.3
 CG・VFX: 8.2
 音楽・曲: 7.4
 衣装関連: 7.3
 小道具:  7.3
 アクション: 3.0
 演技・台詞:6.9
 新世界感: 7.3
 オススメ度:7.2

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

tatsu(小畑竜久)

Author:tatsu(小畑竜久)

君が知ってる世界=君の常識。
でも、君の知らない世界は無限にある。
パラレルタイムストレンジャーとして、僕は何を残せるのかな…

<↓公式HPあります↓>

リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR